トップページ 診療内容 スタッフ紹介 医院紹介・アクセス よくある質問
診療日・診療時間


大きな地図で見る

診療内容

矯正歯科

笑顔は、国籍や年齢にかかわらずに伝わる、大切なコミュニケーションの一つです。
きちんと噛めて食事を美味しく楽しめる、口元を気にせずに心から笑える。そんな素敵な笑顔を作るために、皆さまのお手伝いをしたいと考えております。

悪い歯並びは、見た目の問題だけではなく、虫歯や歯周病のリスクも高まります。また頭痛や腰痛、咀嚼不足で消化が悪くなる原因になる場合もあります。

矯正治療では、歯並びや顎の骨の位置を整えて、正しい咬み合わせと自然で美しい歯並びを実現します。整った歯並びは、ブラッシングもしやすく、虫歯や歯周病などお口のトラブルの予防につながります。また、見た目が気になるという精神的なコンプレックスから解放されます。更に、咀嚼機能が改善されることで、消化を助け、全身の健康を保つことにも役立ちます。

歯並びでお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

矯正担当:尾﨑 美和

ページ上部へ戻る

歯科矯正をするメリット、しないリスクとは?

矯正をした場合のメリット 矯正をしない場合のリスク
・ブラッシングしやすい。
・虫歯や歯周病になりにくい。
・咀嚼機能が改善される。
・全身の負担が軽減される。
・コンプレックスから解放される。
・ブラッシングしにくい。
・虫歯や歯周病になりやすい。
・咀嚼機能が低下する。
・消化不良など、全身に悪影響を及ぼす。
・コンプレックの原因になる。
矯正をした場合のメリット 矯正をしない場合のリスク

ページ上部へ戻る

歯科矯正が必要な歯並びの例

出っ歯(上顎前突) 受け口(下顎前突) 上下顎前突
出っ歯(上顎前突)
上顎や上の前歯が前に突き出している状態。歯が突き出ている場合と、上顎自体が突き出ている場合がある。発音への影響や顎関節のトラブルの原因になることもある。
受け口(下顎前突)
下顎や下の歯が、前に突き出ている状態。発音への影響や顎関節のトラブルの原因になることもある。
上下顎前突
上下の顎や前歯が前に突き出している状態。口が閉じづらく、歯で唇を傷付けやすい。
過蓋咬合 叢生(そうせい) 開咬
過蓋咬合
上の前歯が下の前歯に深く被さっている状態。下の前歯で上顎の歯ぐきを傷付けて歯肉炎になったり、顎関節症を引き起こすこともある。
叢生(そうせい)
八重歯などのように、歯列がでこぼこになり上下の歯がきちんと噛み合わない状態。食べかすが詰まりやすく、虫歯や歯周病などにかかりやすい。乱杭歯(らんぐいば)とも言う。
開咬
きちんと口を閉じても、上下の前歯の間に隙間ができる状態。発音への影響や顎関節のトラブルの原因になることもある。
すきっ歯 交叉咬合
すきっ歯
歯と歯の間に隙間があいている状態。顎の大きさに対する歯の大きさが小さすぎる場合や、舌で前歯を押し出すクセが原因であることが多い。
交叉咬合
上下の噛み合わせが左右にずれている状態。頬ずえをつくなどの日常のクセが原因であることもある。

ページ上部へ戻る

歯科矯正の費用目安

初診・相談料 無料
検査・診断料 \27,000~
小児矯正 \324,000~\432,000
小児矯正治療後の成人矯正 \324,000~\432,000
成人矯正 \756,000~\864,000
処置料(月に一度の来院時の費用) \5,400
観察 \4,320

※すべて消費税込みの費用目安になります。

ページ上部へ戻る

歯科矯正の流れ

STEP1:【カウンセリング】
歯並びで気になっている事についてご希望を聞きながら、詳しくご説明致します。
STEP2:【精密検査】
レントゲン検査や歯型の採取を行い顎や歯の位置関係や顎に対する歯のバランスなどを詳しく検査致します。
STEP3:【診断】
精密検査の結果についてお話ししたのち、詳しい治療法、装置、期間、費用等についてお話しします。
STEP4:【矯正治療】
装置をつけて治療を開始します。
STEP5:【保定】
歯を動かす装置を外して、歯並びを維持するためのメンテナンスの治療をします。
歯並び全体が安定するまで経過を見ていきます。

ページ上部へ戻る